てごしくんを好きになってからの人生

 

 

 

わたし的NEVERLANDが終わってから約1週間が経った今、てごしくんへの、そしてNEWSへの思いは募るばかりです。(いや、恋かよ)

 

 

 

 

 

と、ここでわたしは「てごしくんを好きになってから人生変わったなあ」とふと思ったので止まらぬ思いをここに書き留めようと思います。共感して頂けることもあるんじゃないかな〜と思ってます。

 

 

 

 

では!スタートです!

f:id:straw_oO:20170412210244j:image

 

 

 

 

(かわいい、、)

 

 

 

 

止まることのない愛よ!溢れろ!

f:id:straw_oO:20170412210359j:image

 

 

 

(可愛すぎてしんどい、、)

 

 

 

 

 

 

 

①金髪に過剰反応するようになった

街中で金髪を見るとつい「あっ」となってしまうようになりました。それはてごしくんが三億円事件のドラマのために黒髪にしたところで変わりません。わたしの脳にはてごしくん=金髪でインプットされてるのでドラマなどでてごしくんの髪色が変わったとしても、金髪に過剰反応すること自体は変わらないのです。わたしは東京に住んでるわけじゃないので金髪が街中にいたところでどうってことないんですけどね!!もはやてごしくんは生きてると思ってませんけどね!!「てごしくんはバーチャルアイドルなのでは、、?」と本気で思ってます。頭のおかしい奴ですみません。

 

 

 

 

②初めて人の頭皮を心配した

引き続き髪の毛ネタで申し訳ないです。ただみなさんもてごしくんの頭皮心配したことないですか?「てごしくんこんなに髪の毛傷めつけて大丈夫かな、、はげないかな、、」「わたしが超絶高いトップクラスのシャンプーとコンディショナーとヘアオイル買っててごしくんの家に送り付けたい、、」と何度思ったことか。初めに言っておきますがわたしはモンペ基質なので自担に〇〇してあげたい、という思いがいつもこみ上げてきます。はい、ここで結果論なんですがわたしなんかがてごしくんに超絶高いトップクラスのシャンプーとコンディショナーとヘアオイルなんて買わなくてもきっともう持ってるんです。てごしくんは。てごしくんを誰だと思ってるんだって話ですよね。毎日お顔にパックするようなアイドルが、あんだけ髪色を変えてお高いもの使ってないわけないんですよね。お風呂場には、「いやいやこれどこの国のシャンプーだよ!注意書き全部英語じゃん!」てな感じの一式が置いてあるんですよね。てごしくんのお家のお風呂にはきっとゴシゴシタオルはありませんね。てごしくんの頭皮がいつまでも元気でありますように。(ヲタク一同より)

 

f:id:straw_oO:20170412220015j:image

 

 

 

 

③「養いたい」という気持ちが芽生えた

いやほんとモンペなんですよね。養いたいと思ったのはてごしくんが初めてでして。最近では有岡くんまでも養いたいと思うようになってきてます。重症です。自覚済みです。てごしくんのご飯食べてる時ってめっちゃ可愛くないですか?天使がもぐもぐしてるのと同じなんですよ!

 

 f:id:straw_oO:20170412212201j:image

 

 

えっ、もうやだ可愛い、養いたい!!!「おにぎりこぼさないで食べれたの〜!いいこだね〜!」って言いたい(泣)(泣)

 

 

f:id:straw_oO:20170412212327j:image

 

あ〜んしてもらったのお!トマトあちかったのお!(泣)(泣)

 

 

てごしくんがもぐもぐしてるのを見ると可愛いが止まりません。息をするのすらも忘れます。ちなみになんですけどみなさん「知念くんがてごしくんにガリをあーんしてあげた」瞬間を覚えていますでしょうか?この時わたしは記憶がありません。多分天国に行きかけてたんでしょうね。

 

f:id:straw_oO:20170412212603j:image

 

 

ちぃちゃんありがとう。(合掌)

 

 

ちなみに慶ちゃんになりたいと思う時もあります。この2枚はちゃんになっててごしくんを甘やかしたいシリーズ」です。どうぞご覧ください。

 

f:id:straw_oO:20170412221109j:image

 

f:id:straw_oO:20170412220935j:image

 

 

 

ハチャメチャに可愛いですね。現場からは以上です。

 

 

 

④「拗らせる」ということを知った

正直てごしくんよりも有岡くんの方がリアコで拗らせてる気はするんですけど、拗らせというのを知ったのはてごしくんがきっかけです。根っからの妄想脳なので止まらない止まらない。

 

ここでわたしがてごしくんとしたいこと、それは「ひと夏の恋」です。夏の終わり、二人でドライブで海に行きます。厳密に言うと二人で海に来るのは三回目です。いつもなら砂のお城を作ったり、水に濡れるか濡れないかのところでキャッキャするし、サッカーもするんですが、今日はいつもとてごしくんの様子が違います。そもそもサッカーボールすらも車にない。その時点からおかしい。するとてごしくんは「ごめん、実はもう〇〇のこと好きじゃなくなったんだ、、」とわたしに言います。わたしはあまりにも突然な出来事にてごしくんを真っ直ぐに見ることしか出来なくなります。当たり前に泣きます。重要なのはここからです、てごしくんは優しいので突き放しはしないんですね。ちゃんと向かい合ってわたしをそっと抱きしめてから、離れてちゃんと目を見てわたしのことを振るし、なんなら抱きしめてた時の腕が少し震えてたりするんです。明らかまだわたしのこと好きなんですよ!だけど!だけど、、まあ二人には色々あったんでしょうね。ていうか色々あったんです。ちょっと長くなりそうなので今回はここでやめますが、まだまだ拗らせられそうです。ちなみに振られたあとてごしくんは「ごめん、ひとりになりたい」と言って先に車で帰ってしまうのでわたしはテトラポットの上で泣こうと思います。(昭和かよ)(そもそもテトラポットそんなない)

 

f:id:straw_oO:20170412220310j:image

 

 

 

 

⑤「美」への意識が前よりも上がった

なんか「美」への意識が上がったって自分で言うのめっちゃ嫌なんですけど、どっちかと言うとてごしくんを思い浮かべて自分に喝を入れてるって言うのが正しいかと思います。わたしは乳液のあとべたべたする感じがとてつもなく嫌いだし、クレンジングなんて手間を省きたくて洗顔一発でクレンジング効果もあるよ!みたいな洗顔料使っちゃうタイプ、ていうかほんとつい最近までそうだったんですけど、そんな時は毎日パックしてるてごしくんを思い浮かべて「お前はクレンジングすらもめんどくさがるのか?!女やめろ!!!!」と自分に喝を入れています。我慢して乳液もつけてるし、髪の毛も自然乾燥タイプだったんですけどドライヤー頑張ってます。SABONにも手を出しました。おかげでお肌がとぅるとぅるです。これ何の話だ。ただわたしのガサツ加減がバレただけですね。女頑張ります。

 

 f:id:straw_oO:20170412220340j:image

 

てごしくんのすっぴんがこんなに綺麗なんてわたし一生信じられない気がします。この思いは墓場まで持っていきます。 髪の毛セットしてないからってフード被っちゃうてごしくんも可愛いし、メガネに相変わらず十字架付いてんのも可愛い。好き。

 

 

 

 

⑥ポジティヴシンキング

わざと「ヴ」にしました。その方がてごしくんぽいじゃないですか、厨二病ぽいじゃないですか、無駄なこだわりです。てごしくん自身が自分で自分のことを「ポジティヴポジティヴ!ポジポジ!」と言うくらいなので彼はほんとにポジポジなんだと思います。そんな姿を見てたらわたしも自然とポジティヴになりました。元々めっちゃネガティヴなわけでもないんですけど、決してポジティヴでもない。ノーマルです、ノーマル。一番つまんないやつです。ですがてごしくんに出会ってから「なにこの人、、人生ポジティヴに生きててめっちゃ人生楽しそう、、わたしてごしくんになろう。」と思うようになりました。これは手越担の方なら共感してくれる方多いんじゃないかな〜と思いました。てごしくんが世界でトップ3に入るくらいポジティヴなら、わたしは34位くらいに食い込みたいですね。何基準かわかりませんが。

 

 

 

 

これで最後にしようと思います。

 

 

 

 

⑦「俺のハニー!」扱いに大きな喜びを覚えた

ハニーだの子猫ちゃんだの、てごしくんはこんなにもわたしたちをとことん甘やかして愛してくれる(泣)(泣)自然と涙が出てきました。止まりません。てごしくんが好きです。(いきなり)

 

f:id:straw_oO:20170412220631j:image

 

ちなみにこれは今のわたしの気持ちを体全部で表現してくれてるてごしくんです。

 

てごしくんを好きになった初めの頃はもちろん少し戸惑いました。しかしてごしくんのファンへの気持ちがとてつもなく大きくて、ほんとに心の底からファンのことが好きで、そんでもっての「俺らのハニー!」だと分かった瞬間もう愛おしくてたまらなくなったんですよね。抱きしめたくなりました。

 

、、いや抱きしめたくなるのは日常茶飯事でした。

 

こっちだってもはや「俺らのハニー!」待ちです。待つのが生きがい。てごしくんにハニーって言われないなんて気が狂いそうです。何故ならわたしはてごしくんのハニー!って気分で過ごしてるからです。おかげで人生楽しいです。現実とは遠ざかってるけど。

 

 

 

 

だいぶ長くなってしまいました。あ〜楽しかった!!!途中妄想爆発させてしまいすいません!!!てごしくん好きだよ〜〜!!!!!!f:id:straw_oO:20170412220802j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

''WHITE''の世界観に魅せられて早2年

 

 

 

わたしが1番好きなツアー、それがWHITEです。

 

 

 

何が好きって世界観です。わたしはNEWSの世界観が好きです。NEWSのライブは軽率に足を運んではいけないと思っています、何故ならその魅力に魅せられたら一瞬で虜になってしまうから。ちなみにfor exampleわたしです。()

 

 

 

 

NEWSは毎回毎回期待を超えてくるし、いつも素晴らしいライブを見せてくれるし、いつもNEWSのことを更に好きになるのだけれど、正直言うとWHITEを超えるライブは自分の中でないと思っています。しかし、わたし自身、まだファンになって間もないからということもあるのかもしれない、ということを承知の上でこの記事を書かせていただきます。

 

 

 

 f:id:straw_oO:20170405233518j:image

まず1曲目のMR.WHITEが終わってすぐ、辺りが暗くなり、NEWSがどこにいったのかわかんなくなっちゃうんですよね。あのカラフルな衣装を身に纏い、ONEを歌うNEWSは最高でしかありません。増田くんのラップと、てごしくんの「ウィルビ〜ワァ〜〜〜〜ン!」が終わり、4人がポップアップで出てきた時にはもう私は荒れ狂っていました。「わたしはとんでもない場所に足を踏み入れてしまった」と一瞬にして感じ取りました。

 

 

 

 

ああ、沼。

 

 

 

 

 

もう這い上がれねえ。

 

 

 

 

 

 

 

そしてNYARO!!!!!これはわたしがアルバム、Whiteの中で2番目に好きな曲です。右から3番目の彼女になりたいっ、、と思った人はわたしだけでは無いはずです。そこのあなたも思ったでしょ?(泣)(泣)「ラブソングみたいに何とかして」という歌詞だけでも心臓がはちきれそうなくらいきゅんきゅんなのに、ライブでは「なんとかしてえ〜〜〜!♡♡♡」とてごしくんのぶりっ子が大炸裂なのでたまったもんじゃありません。何とかしてって言いたいのはこっちだよ、といった感じです。てごしくん、お願い、何とかして!!!!!!

 

 

 

 

f:id:straw_oO:20170405234225j:image

そしてWORLD QUESTからのさくらガール。これはもう繋ぎが完璧すぎて泣きそうでした。てごしくんの「ミラクル起こっせえ〜〜〜ええ〜〜〜︎ ⤴︎︎ ⤴︎!!」で既にお腹いっぱいなのに、4人が輪になって、中心を向いて終わったワルクエ。すると落ち着く暇もなくさくらガール。何度見ても曲の繋ぎが最高すぎる。えっ、ここでさくらガール?!!!うそーーーーー!!!!(泣)と頭を抱えそうでした。ていうか、正直頭を抱えました。

 

 

 

 

 

文章書いてるだけでも思い出してだいぶ泣きそうなんだけどわたし大丈夫かな?歳とって涙腺がBBAになりました。

 

 

 

 

f:id:straw_oO:20170405234319j:image

あなたに関してはもはやわたしの過保護具合が最高に発揮されます。「勿忘草歌い終わって(泣)ひとりでセンステ歩いてきて(泣)ジャケット羽織って(泣)ピアノを弾いてるうううう(泣)(泣)(泣)」と言った具合です。てごしくんがピアノを弾いてる姿なんてわたしみたいな身分の人が見てもいいのか?てごしくんがピアノを弾いてる姿にわたし投資できる。たくさん練習したであろうてごしくんを抱きしめていいこいいこしたい衝動に駆られました。変態か。親か。モンペです。自覚済みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんお待たせしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この話をしようと思います。そうです、BYAKUYA〜Winter Moonの流れです。そもそも何が最高って曲の並びですよね。BYAKUYA、スパソニときてまさかスノエクが来るとは思わないじゃないですか!!!!しかもその後にはWinter Moon!!!!わたしはこれを見るために今まで生きてきたんだ、、と本気で思いました。この4曲のためだけにカラコンをして、がっつりかっこつけてくる手越祐也、正直めっちゃ好きです。かっこいい以外の語彙力を失いました。

 

 

 

 

f:id:straw_oO:20170405234431j:image
この中でも語りたいのはやはり、SNOW EXPRESSアメイジンキッスお目覚め。まず暗闇の中メンステからセンステに移動してる時点で最高なんですよね。瞬間移動系大好きです。そして、スノエクを歌うにあたってスタンドマイクを使おうと言った方は誰ですか。もはや、感謝しかないので金一封を送りたいくらいです。スライディング土下座です。4人が輪になってお互いを見て歌うことの素晴らしさ、4人の歌声の綺麗さ、そしてその会場にいる誰をも包み込んでしまうあの雰囲気。全てに惚れ込みました。照明と4人のシルエットが綺麗にマッチしたあの空間、あれはNEWSにしか作れない空間だと思います。

 

 

 

 

f:id:straw_oO:20170405233444j:image

長くなってしまいそうなので、White Love Storyで締めくくろうと思いますが、この曲はわたしがアルバムで1番好きな曲です。いずれは結婚式で流したいし、プロポーズされた日にも家に帰って即これを聞きたいです。

 

 

 

思い出すと、WHITEは10thのツアーから1年半後に始まりました。普通で考えると少しスパンが遅いんですよね。多分この頃のNEWSファンはみんな、今か今かとツアーを心待ちにしてたはずです。わたしがそうでした。そんな思いの中行ったツアーには、自分自身、やはり特別な思いがあったのかもしれません。アンコールでNEWSが出てきて、4人揃って階段に座り、WLSを歌う姿は輝いて見えました。この瞬間、わたしは涙が抑えられませんでした。泣くのをやめようと思っても、涙は溢れるばかりでした。

 

 

 

「1年半待っててよかった

 

 

 

「でもまた1年半NEWSに会えないのかな」

 

 

 

そう思いながら聞いていたから涙が死ぬほど溢れ出たんだと思います。ああ、どうしよう、オチが思いつかない。結局こうしてわたしのWHITEツアーは幕を閉じたわけなのですが、会場を出てわたしが向かった先はどこだと思いますか?

 

 

 

グッズ売り場です。あまりの愛おしさに気持ちが抑えきれず、買う予定のなかったカレンダーを買ってしまったことを今でも覚えています。今でもお世話になっている日めくりカレンダーです。(正直めくるの忘れてるけど)

 

 

 

そんなこんなでNEWSは1年後にQUARTETTOというアルバムを引っさげてツアーをやってくれるのですが、こうしてNEWSに会える日々が幸せなんだということをWHITEで学んだ気がしました。

 

 

 

さて、これからWHITEでも見るとするかな。

軽率に足を運んだサマステ

 

 

 

 

ついこないだやっとDEAR.の円盤化が決まり有頂天になっていましたが、私がずっと思っていること、それは「ジュニアのライブも円盤化したらいいのになあ」です。ここでわたしは記憶から少しずつ薄れつつあるサマステについて記録に残しておこうと思い久しぶりにはてなブログを開きました。ただのメモになりかねませんが、お付き合いお願いします。

 

 

 

DEAR.ツアーが決まった瞬間わたしは自分の誕生日公演があることに舞い上がり、友人にお願いし横浜行きを決めたのですが同じ時期にサマステもありました。ここで注意点です、この時点で阿部顕嵐の存在は知っており、「ジュニアの中なら顕嵐ちゃんが一番好き〜!」状態ではありましたが、まさかこのあと現場に足を運ぶとは思ってもいませんでした。ああ、私としたことが、、と言った感じですが全く後悔はしておりません。

 

 

 

やっぱりJUMPの人気は強く呆気なく誕生日公演は落選だったのですが、一緒に横浜行きを決めたのがPriceにハマっている友人でした。「Price公演のサマステ行かない?」の一言にわたしは二つ返事でOKをしました。何故かって、それ程にチョロいヲタクだからです。充分に自覚済みです。ジュニアの現場に行ってみたい、というクソみたいに単純な思いから生まれた返事です。

 

 

 

わたしは顕嵐ちゃんの所属しているLove-tuneの公演が横浜旅行中にあるかどうか調べ、あることに喜びを覚え、友人に行きたいと伝え、チケットをゲットし、無事初のジュニア現場デビューを果たします。なかなかに失礼なことを言うと、JUMP落選のやけくそで行くことを決めました。本当にごめんなさい。

 

 

 

サマステ当日、飛行機を降り、友人と待ち合わせをし、六本木へ向かい、グッズ売り場へ向かい、ペンラの他に買うはずのなかったタオルを買い、テンションはなかなかにブチアゲです。この日わたしは会場入りして初めてスタンディングの辛さを知ります。ライブ中盤、、まあ〜〜つらい!ずっと立ってるのがこんなにもつらいものかと!しかし大好きな顕嵐ちゃんが目の前にいることでわたしの足は生き返りました。

 

 

 

ここでわたしがサマステに行く前と行った後の感情の違いを述べようと思います。

 

 

サマステに行く前

たまたまリアタイしていた近キョリ恋愛1話で顕嵐ちゃんの存在を知り軽率に一目惚れします。

えっ、かっこいい、誰これ、ジャニーズジュニア?なにこの名前なんて読むの?あべあらん、、?えっ、名前からして天才じゃん

f:id:straw_oO:20170329202530j:image

f:id:straw_oO:20170329202604j:image

わたしは特になんですけどほんとにチョロいし、気になったらとことん!タイプなので、まあ〜〜〜画像を検索する検索する!少クラも見て、近キョリも何度も見て、ついでに岸くんや長妻くんの存在も知り、当時たまたま買っていたドル誌に近キョリページがあったのを見つけ、熟読し。嗚呼、なんてチョロいのだろう。でもわたしはここで止まりました。「顕嵐ちゃんとてもタイプだ、、すき、、」で止まり、サマステやクリエの存在も知らなかったし、''この頃は''現場に行きたいとも思いませんでした。但し、重要なのは''この頃は''です。

 

 

 

サマステに行った後

いやいやいや待って?いや、あの、えっと、顕嵐ちゃんって生きてるんだね?めっちゃかっこいいし、顔小さいし、脚長すぎだし、BANG!BANG!バカンス歌ってる時のピースサインめっちゃ可愛くなかった?えーーー意味わかんない!すき!ずっと安井くんとか美勇人が喋ってる間顕嵐ちゃんは喋らないで相槌打ってうんうんしてるし、ながつとめっちゃラブラブしてるし、なにこれ?何を見せられたの?わたしもう生きていけない、語彙力がない。顕嵐ちゃんってこの世に存在するんだ、わたしもあのコップのやつ出来るよ、顕嵐ちゃんの好きなP先輩の番組でやってたね、、、、、、明日JUMPのライブだ。有岡くんに会うんだ。わたしはいま生きている心地がしない。

 

といった具合に魂が抜けていた。もちろん友人も抜けていた。そしてわたしは顕嵐ちゃんを初めて生で見たこの日、誕生日だった。誕生日にこんな幸せがあっていいものか?わたしはいつの間に人生で徳を積んだんだ?なんの御褒美だ?とさえ思った。最高の誕生日であった。

 

 

 

そして今は普通に顕嵐ちゃんのファンである。影から応援する立場になっている。顕嵐ちゃんとわたしが同い年だなんて、世界が狂っているんではないかとさえ思うし、同い年の顕嵐ちゃんに貢ぎたいとも思うし、次また顕嵐ちゃんを生で見る機会があったらわたしはあまりの美しさに失神すると思っている。ああ、阿部顕嵐様。

 

 

 

最後に、わたしは喜びの歌の顕嵐ちゃんを見た時歓喜の舞をしたことを記しておきます。お付き合いありがとうございました。

f:id:straw_oO:20170329203836j:image

爆モテ沼にハマったあの日

 

 

1991年4月15日生まれ。未年。A型。千葉県出身。現在25歳、Hey! Say! JUMP所属有岡大貴。マンガの世界に例えて言うと、主人公の親友で恋愛に関しては報われない立ち位置である。(参考曲:MyGirl)

 

 

 

みなさんもお察しの通り(?)わたしはてごしくんと有岡くんの掛け持ちである。わたしはNEWSの時と同様、知り合いに恵まれ無事(?)有岡くんの沼へとまんまとハマった。

 

 

 

有岡くんを好きになったと公にした瞬間友達から「なんで有岡くん?てごしくんと全然タイプ違うじゃん?同じタイプで行けば山田じゃないの?」と何度言われたことかわからない。

 

 

 

 

 

 

すごくわかる!!その気持ちすごくわかるよ!!

 

 

 

 

 

 

でも有岡くんってほんとは「爆モテ・イケ散らかし・リアコ」の三拍子が揃った天才なのである。そう、天才。この言葉がぴったり。さあ、みなさんを有岡大貴の沼へとご案内します。しっかり捕まっててくださいね!安全バーは下げましたか?では、出発です!

 

 

 

 

 

 

ここで1から細かく話すとすると、JUMPに本格的にハマったきっかけは山田くんと有岡くんが出ていた「金田一少年の事件簿」である。

 

 

わたしは絶対エース山田涼介の美貌に毎週心臓を撃ち抜かれ、NEWSの時と同じようにヲタ垢で「山田くんかっこいい」「こんなかっこいい人初めて見た」「JUMPのライブに行ってみたい」とそれしか言えない病にかかっていた。ほんとにみんなよくわたしのことをブロックせずいてくれたなあ、、と感謝をするばかりだ。しまいには山田くんのことを山田様と呼んでいたし、この時は申し訳ないが有岡くんには微塵も興味がなかった。(ほんとにごめん)

 

f:id:straw_oO:20170220183938j:image

 

 

そんなわたしが何故有岡担になったのか?これはハッッッキリと覚えているし忘れもしないあの日。

 

 

ヲタ垢で「JUMPのライブに行ってみたい」と大変贅沢なことを言っていたのだが、嵐ファンの頃から仲良しの「🐣ちゃん」から、これまたNEWSの時と同様、神のお告げが舞い降りてきたのである、、。

 

 

 

 

 

「たぬん、一緒にJUMP行かない?最近山田くん好きだもんね?」(ニュアンス)

 

 

 

 

 

 

、、、?!!行くよお〜〜😭✌️私こんなに順調でいいのかよ〜!山田くう〜〜ん😭✌️

 

f:id:straw_oO:20170220184644j:image

f:id:straw_oO:20170220184746j:image

 

 

絶対この時のわたし気持ち悪かった。絶対。言いきれる、絶対。(しつこい)山田くんに会える喜びでテストなんてどうでもよくなった。といった経緯で初めてHey! Say! JUMPのコンサート会場にお邪魔したのだが、そのツアーがJUMPingCARnivalだった。「札幌一公演しか無いのにわたしみたいな奴がこの場にいていいのだろうか、、」と思いながらもテンアゲブチアゲカマアゲ〜!状態であった。しかし9/12はテスト二日前であった。しかもわたしは受験生。

 

 

 

 

 

、、いやいや勉強しろよ!!なんでライブ行ってんだよ!!

 

 

 

って感じだが後悔はしてない。後悔のkの字も見えない。なぜならわたしは今幸せだから!!!(そろそろうるさい)

 

 

文章書くのが下手だから行くまでの経緯書いただけでこんなにも長くなってしまった。ここで有岡くんに惚れた瞬間を。それはわたしがアルバムで一番好きな曲「Puppy Boo」の最後である。初めに言っておくが有岡くんは天才である。もう一度言う、有岡くんは天才である。()

 

 

Puppy Booの最後の「Kiss you」でわたしは有岡くんに落ちた。いやいや、もうこれは「お前らまとめて全員、俺に落ちろよ」って言われてるよね?みんな落ちるよね?しかもライブなんて「Kiss 、、ちゅっ💋」だよ?!!惚れるしか道はなかった。ここで私の中のジェットコースターは急上昇し、急降下した。もはやスペースマウンテン。さっき安全バーを下げておいてよかった。(もう意味がわからない)

f:id:straw_oO:20170220185208j:image

 

しまいにはDJなんてやっちゃってさ〜!もう有岡くんのおてて最高だよ〜!!!!!(ここでジェットコースターが一回転する並にテンアゲ)

 

f:id:straw_oO:20170220193803j:image

f:id:straw_oO:20170220193839j:image

 

 

 

 

ライブの日、わたしは山田担(仮)として行った。わたしは自担ばっかり目で追ってしまうタイプであるから、 最初は山田くんばかりを追い、「はあ、かっこいい」「ねえ、🐣ちゃん、どうしよう、かっこいい」「嗚呼、、」と呟いていた。

 

 

 

それなのに、気づけば途中から有岡大貴という存在を目で追うようになっていたのである。そう、これは惚れたサイン。ああ、もう惚れた。とライブが終わった瞬間思った。わたしの人生チョロすぎ最高。ライブが終わった途端足が痙攣を起こしていて、これは流石に我ながら本気で気持ち悪いと思った。なんでわたしはライブ後に有岡くんのうちわを買わなかったのだろう、と少しだけ後悔している。

 

 

 

 

、、とこんな感じで有岡くんの爆モテ沼にハマったわけだが正直てごしくんと掛け持ちをするか二日は悩んだ。(めっちゃ短い)

 

 

何故2日間なのかと言うとわたしはライブ後のヒルナンデスを見て有岡担になることを決めたからである。ヒルナンデスを見たあとのわたしはきっと今までで一番清々しい顔をしていた。もう有岡担になることを心に決めた!と言った感じで。

 

 

 

 

だってヒルナンデスの有岡くんはこんなにも可愛いんだも〜〜〜ん!!!!!!!!

 

f:id:straw_oO:20170220190351j:image

f:id:straw_oO:20170220190412j:image

f:id:straw_oO:20170220190436j:image

 

 

 

 

実はこのわたあめ回だけでも5回は見た。飽きない。有岡くんをどれだけ見ても飽きない、沼ってこういうことか。もう這い上がるのは無理だ。ああ、有岡くんって最高。

 

 

 

 

 

 

わたしが”ヲタク”になるのはチョロかった。

手越祐也。彼が私の人生を変えたといっても過言ではない。いや、寧ろ彼が私の人生を変えたと言ったほうが100%正しい。

 

 

NEWSという存在は前々から知ってはいたが、「曲が好き、小山が1番好み」という俗にいうにわかファンであった。小学生のころのわたしには、小山のチャラさがたまんなかったんだよなあ~!!としみじみ。そんなわたしが何故手越祐也のファンになったか…?そんなの簡単である。

 

 

お顔がとてつもなくかわいい!!!!!

f:id:straw_oO:20170208021710j:plain

 f:id:straw_oO:20170220172246j:image

f:id:straw_oO:20170220172315j:image

 

 

これに尽きる。つまり手越祐也に惚れた理由はあのかわいすぎるお顔なのだ(お願い、叩かないで)。もはや顔面凶器である。あんなにかわいい26歳をわたしは見たことがなかった。まさに「この世にも天使がいたのさ」状態。こりゃあ、惚れるしかないだろ~~~!といった感じである。もはや惚れるのが使命。ご飯食べて寝るのと同じくらい当たり前なこと、そんな気分であった。そう、わたしが彼の魅力に気付いたあの日は2013年7月6日、音楽のちから放送日だった。それまでのわたしといえば、KAT-TUNHey!Say!JUMPに少し興味を持ち、嵐に出会い、毎日「にのくん!にのくん!」な生活を送っていたのである。

 

 

音楽のちからでピンクの浴衣を身に纏い「渚のお姉サマー」を歌っているNEWSを見てわたしはこう思った。

 

 

「なんだこのイケメン集団は…」

 

 

そしてわたしが心臓を撃ち抜かれた歌詞まで3,2,1…!

 

 

「Oh Baby」f:id:straw_oO:20170220174356j:image

 

オーベイベ…?え、今オーベイベって言ったの誰?手越くん?え、こんなにかっこよかったっけ?はあ~~~~なにこれすき!!!と、見ての通りわたしはもうこの時点でチョロく、既に手越祐也というアイドルに夢中なのである。わたしにとって「Oh Baby」は舞祭組の「ぴろぴろぱにたんすーりすり」と同じくらい魔法の言葉なのである。今にも「魔法をかけちゃうぞ☆(cv.宮田俊哉)」が聞こえてきそうである。あっ、今聞こえたかもしれない。幻聴だ…。

 

 

この日を境にわたしのリア垢のツイートは手越祐也で溢れかえる。当時ヲタ垢の存在を知らなかったわたしはリア垢で騒ぐしかなかった。「手越くんかっこいい」「手越くんかわいい」「オーベイベ最高」。お前はそれしか言えんのか!ブロックされてもおかしくなくらいであった。すると私の目に飛び込んできたのは神様(部活の先輩であり手越ファン)からのリプだった。

 

 

「たぬんちゃん、NEWS好きなの?もしよかったら一緒にコンサート行かない?チケットが1枚余ってるんだよね…」

 

 

え~~~~!いくぅ~~~!!!!はあ~!!神様~~~!!!!

 

 

こうしてわたしは手越祐也に落ちてから1か月で初めてNEWSのコンサートにお邪魔したのである。なにもかもが順調すぎる。わたし明日にでも雷に打たれて死ぬんじゃないか、と本気で思った。しかも、家族とのキャンプから帰ってきて秒で家を出た()そりゃあもう、もしかして今ならわたし空飛べんじゃね?!って勢いでふわふわしてましたよ、ああチョロい。フッ軽にもほどがある。グッズ売り場を見ては「はあ~~~!」となり、彼のうちわを見ては「はあ~~~!(part2)」となり…の繰り返し。今までの現場では感じたことのない思いが込み上げてきていた。Lovin'Uなんてこっちが泣いてしまうほど切ない。わたしは「せっつないな~~」と歌う手越くんよりも切なかった。(?)

 

 

家に帰って母に手越くんのうちわを見せびらかし、ライブの感想をマシンガンのように言い、うざがられ、部屋で4+FANを聞いてひとりで手拍子をして…ライブとは恐ろしい。たった一瞬で落としてくるのだから。この時のわたしは世界一「幸せ」という言葉が似合っていたかもしれない。いや、これは盛った、調子乗った…。

 

 

 

こうしてわたしは手越祐也という人間に落ちたのである。人生とは何があるかわからない。だって、この3か月後にはファンクラブに入るという行為にまで手を出してしまったのだから…